ページ物印刷、封筒印刷・製本の事なら府中プラザ・札幌本店。格安・激安・低価格・高品質・短納期でお届けします。データ入稿もOK!

用紙について

用紙の厚さについて

「コート110kg」「上質110kg 」・・・用紙を選ぶときに表示される「kg」って、一体何の重さ?と疑問に思われる方も多いかと思います。
この「kg」とは、実は用紙の厚さを目安として表しているものなのです。

厚さの「kg」表現について

印刷に用いられる用紙の厚さは一般的に「mm 」ではなく「kg」という目安で表されます。
70kgや90kgなどの重さは、印刷用紙を原紙サイズで1,000枚(=1連といいます)積んだときの重さです。
この用紙の重さをのことを「連量」といいます。連量が重くなるほど、用紙の厚さも厚くなります。

厚さの目安について

用紙の厚さの目安は、以下の通りです。

適量
厚さ
(用紙の種類によって異なります)
用途など
コピー用紙(55kg)
約0.08mm
オフィスで一般的に使われるコピー用紙です。
特に大量コピーでコストパフォーマンス抜群です。
70kg
約0.08mm〜0.10mm
チラシや冊子の本文用紙などに使われます。
90kg
約0.09mm〜0.13mm
ちょっとしっかりしたチラシにお薦めです。
110kg
約0.10mm〜0.16mm
ある程度しっかりした厚みがあります。
折りパンフレットによく使用されます。
135kg
約0.13mm〜0.19mm
しっかりした厚みとなり、
冊子の表紙やポスターなどによく使用されます。
180kg
約0.21mm〜0.26mm
郵政ハガキとほぼ同じ厚さです。
220kg
約0.25mm
郵政ハガキよりも厚く、かなりしっかりした厚さです。

※連量は用紙の厚さを知る目安になりますが、同じ連量でも用紙の種類によって厚さが多少異なります。例えば、コート90kgは厚さ0.10mmですが、上質90kgは約0.13mmです。用紙の特徴については下記用紙の説明をご覧下さい。

用紙の説明


上質紙

コート紙とくらべると表面がコーティングされていない分、やや発色は落ちますが、筆記適正が高く、鉛筆やボールペンなどの手書き文字が書き込める特徴があります。オフィス等で使われるコピー用紙に近い用紙です。

【上質紙】 55kg 70kg 90kg 110kg 135kg


コート紙

用紙の両面に光沢コーティングが施されており、表面も平滑なため色再現が鮮やかです。特にチラシやフライヤー、カタログなどに使用されるもっともポピュラーな用紙です。

【コート紙】 110kg 135kg


マットコート紙

用紙の両面にマット調のコーティングが施されており、落ち着いた雰囲気を演出したい場合に最適です。チラシやフライヤー、カタログなどに使用されるもっともポピュラーな用紙です。

【マットコート紙】 110kg 135kg


アートポスト(無線綴じ製本専用表紙)

コート紙同様、両面に光沢のあるコーティングが施された板紙です。コート紙よりも厚めの紙となっておりますので、冊子の表紙印刷などに最適です。

【アートポスト】 180kg 220kg


色上質紙(無線綴じ製本専用表紙)

色のついた上質紙です。冊子の表紙やプログラム等によく使用されます。

【色上質紙】 特厚口(約110kg) 最厚口(約130kg) 表紙色サンプル

お問い合わせ時間

土日・祝日は除きます。弊社営業日は営業日カレンダーをご確認ください。
※受付時間外にいただきましたお問い合わせに関しましては、翌営業日以降、なるべく早くご連絡させていただきます。
※注文締切時間、納期等は各商品ページをご覧下さい。

お問い合わせの前に

お問い合わせの前に、まずは「ご注文、お支払い方法」、「よくあるご質問」をご確認くださいませ。


ページトップ